Home > 女性の育毛治療

女性の薄毛治療

女性で見られる30代以降に多い抜け毛・薄毛。特に女性の場合には全体的に薄くなるびまん性脱毛症が多く見られます。
また、AGAに似た症状が出る場合もあります。(女性男性型脱毛症FAGA)、
育毛・発毛治療を行う上でどのような症状であるのかを十分理解する必要があります。

育毛・発毛治療を行う上でどのような症状であるのかを十分理解する必要があります。

女性に多いびまん性脱毛

びまんとは一面に広がるという意味で、頭部全体の髪が均一に脱毛して毛髪が全体に薄くなります。
脱毛部分の境界の判断がはっきりできず、全体の髪密度が低下するため、髪の毛の分け目や頭頂部の薄さが気になるものです。
男性型脱毛症とは違い、生活習慣の見直しなどで豊かな髪を取り戻す可能性が高く、びまん性脱毛症の方が改善しやすい傾向があります。
びまん性脱毛症は女性型脱毛症とも呼ばれる、30代後半以降の女性に多く見られる脱毛症です。

女性型脱毛症(びまん性脱毛症)の症状

男性型脱毛症と同様に、毛髪が完全に成長する前の軟毛の時点で抜け落ち、休止期毛(成長することを休んでしまうこと)の割合が多くなり、結果的に全体の毛髪の割合が減少して薄毛となってしまいます。

しかし、男性型脱毛症の髪の生え際が薄くなり後退するや天頂部が薄くなるといった局所的な脱毛症とは異なり、頭部全体の髪が全体的に薄くなるもので、特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになるのです。

びまん性脱毛症の治療

女性型脱毛症に対しての治療法は、明確な治療法というものが AGAと異なり 明確な治療法は現在までありませんでした。しかし、最近ではびまん性脱毛症に対する内服薬(パントガール)も登場してきています。さらにHARG療法に代表される 成長因子を使用し毛母細胞、頭皮の細胞を活性化させ、育毛・発毛を促す治療法も良い結果を得られるようになってきています。

当院でもびまん性脱毛症に対して 各種内服外用剤をベースとした治療を薦めています。しかしながら、良い薬剤を使用した治療法であっても、頭皮の状態が良くなければ 十分な効果を得ることは難しいと考えています。頭皮が赤く 硬くなり 可動性が減少し 十分な血流が見込めないような状態であれば、まずその環境を改善させていくことが 必要となっていきます。

悪化した頭皮環境を整え、各種育毛剤の効果を高めることを目的とした治療法として SPUA医療育毛システム があります。スプアは生電気効果と生化学効果を 頭皮に発生させ、血流の改善,頭皮の緊張を緩和し 育毛効果を高めていくことができます。びまん性脱毛症の治療としては、スプアによる頭皮環境改善をベースとしながら、各種育毛剤を使用していくことをお薦めしています。

また、HARG療法は、エビデンスに基づいた最新再生医療です。毛髪の育成を促進させるのに必要な各種成長因子(グロースファクター)を大量に頭皮に注入することで、毛法の活性を促し、且つ、 頭皮の血流を改善させ、発毛に最適な環境を作りつつ強力な促進を促します。今まで行われている、さまざまな治療法、民間療法とよりも、エビデンスに基づいた治療法として高い治療効果を得ることができます。

HARG療法でも頭皮環境の改善が行われていきますが、頭皮環境の改善に効果が使用されていくようであれば、育毛・発毛効果を得るまでに時間がかかってしまい 非効率的です。
そこで、当院では、SPUA医療育毛システムを導入。頭皮環境を改善させ HARG療法や各種薬剤の効果が出しやすい状態へと促すことを目的としています。

今までさまざまな育毛発毛治療を受けられた方で、今まであきらめていた方には特に試していただきたい治療法です。

HARG療法の詳細はこちらです。

ご相談お問い合わせはこちらから

FAGA(女性男性型脱毛症)とは

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症といい、男性だけにある脱毛症のように思われているでしょう。
しかし、女性にもFAGA「Female Androgenetic Alopecia」という女子男性型脱毛症があります。

FAGA 女性男性型脱毛症とは

FAGAの症状は、男性型とほとんど同じで、進行すると特に頭頂部が透けて見えるようになるようです。
初期段階では、脱毛が多くなったり、分け目が広がってきたなどの症状があらわれます。
症状によってストレスが生じることで、より悪化することもあるようです。

最近抜け毛が増えてきたり、髪の毛が薄くなってきたなどの症状が見られるようであればFAGA(女性男性型脱毛症)を疑う必要があるかも知れません。ただし、男性ホルモンの影響で起こるAGAほど顕著に毛が抜けてくるような(薄毛になってくるような)ことは少ないようです。

女性にはプロペシアを処方できません。

AGA男性型脱毛症の場合は、プロペシアが効果的なのですが、女性の場合には、プロペシアは使うことができないどころか、ホルモンに働きかけるもののため、女性は手に触れることも危険だといわれています。そのため女性の脱毛症に対する育毛・発毛治療の選択肢は非常に少ないと言わざるを得ません。

FAGAの原因は、ダイエットや生活リズムによる自律神経やホルモンの乱れ、ストレスなどがあげられます。

FAGAの治療には、パントスチン、SPUA医療育毛システム そしてHARG療法

harg-logo-small女性の薄毛・抜け毛などに対する育毛・発毛治療ではそれほど選択肢が多くありません。ホルモンバランスを整えることや、ミノキシジル(ロゲイン)などを使用することぐらいでしたが、現在では様々な選択肢が出てきています。

FAGAの場合でも プロペシアを使用することはできませんが、そのかわり プロペシアに含まれるフィナステリドに類似する成分を含有し、女性に使用することができる外用剤 パントスチン があります。頭皮に塗布する形の治療法ですので、FAGAの治療としても 始めやすいと思います。

また、最新の再生医療であるHARG療法は、その高い治療効果から女性の育毛発毛治療に新たな光をともしたといえます。HARG(ハーグ)療法は、毛髪の発育を促進させるのに必要な各種成長因子(グロースファクター)を大量に頭皮に注入することで、育毛・発毛を強力に促進させます。これによって従来のいかなる発毛育毛治療,民間で行われている治療法よりもエビデンス(実証)に基づいた治療効果を得ることが可能となりました。

HARG療法の詳細はこちらです。

SPUA育毛システムで 頭皮環境改善を促しつつ、様々な育毛・発毛治療の効果をたかめ、治療効率・効果を高めていくことを推奨しています。

今までさまざまな育毛発毛治療を受けられた方で、今まであきらめていた方には特に試していただきたい治療法です。

Home > 女性の育毛治療

clinic info
仙台院古川本院クリニックについて未成年者治療同意書
ソララクリニック仙台市の美容皮膚科

ソララクリニック仙台
Solala clinic sendai

宮城県仙台市青葉区花京院1-2-15
ソララプラザ2F
(水曜日定休)
完全予約制
TEL 022-722-7090

大崎市の古川院

佐藤まさひでクリニック
Sato Masahide clinic

宮城県大崎市古川幸町1‐7‐20
(木,日,祝日休診)
完全予約制
TEL 0229-23-8152

保険診療も行なっています。

 ソララクリニック仙台は、宮城県大崎市の佐藤まさひでクリニックを母体とした、美容皮膚科専門クリニックです。

 シミ,しわ,顔のたるみなどの若返りアンチエイジング治療から、ニキビ・にきび跡 ストレッチマーク(妊娠線・肥満線) 傷跡 入れ墨除去など、様々な肌の悩みに、最新レーザー,高周波、IPL機器を駆使して治療しています。

また、HARG療法を始めとした薄毛育毛AGA治療を行なっています。
 
現在美容皮膚科で働いていただける医師を募集しております。

《ご来院地域》

来院される方は、主に 以下の地域から来られています。
口コミ,評判等を参考にされていらっしゃるのだと思います。

青森県 岩手県 山形県 秋田県 福島県 新潟県
宮城県
仙台市 泉区 青葉区 若林区 太白区 宮城野区
大崎市 古川 築館 一関 石巻 塩釜 登米市 涌谷町 栗原市 気仙沼市

遠方から来られる方も多く、大変恐縮しているところです。
今後とも宜しくお願い申しあげます。
未成年(20歳未満)の方は、親権者の同意書が必要になります。

同意書は以下よりダウンロードしたものを印刷していただき、必要事項をご記入・捺印の上、来院時に受付へお渡し下さい。
ご不明な点がある場合は、お気軽にご相談ください。

ソララクリニック(仙台院) 古川本院共通

未成年者治療同意書

同意書(ピアス)

ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。以下のサイトにてご用意ください

get_adobe_reader

プライバシーポリシー・サイトポリシー